忙しいママにおすすめ★マヒカハニー+生ローヤルゼリーで疲れも美容もケアしちゃいましょう。

子供3人を育てている私。

一番下は1歳になったばかり。はい。毎日めちゃくちゃ疲れています。特に梅雨が明けてから暑くなり体力が奪われる・・・

美容だった独身のようにはケアできないし。

なんか簡単に疲れも美容もケアできる商品ないかな~と探していたら、なんとあったんです!!!

業界唯一!そのまま食べれる100%純生ローヤルゼリー

個包装だから食べやすそうだし、常温でもいいという便利さ。あとは味がいいといいんだけど・・・

マヒカハニー+生ローヤルゼリーってどんな商品なの?

マヒカハニー+生ローヤルゼリーはなんとVOUGUE BEAUTY AWARD SILVER賞を受賞した商品。

生ローヤルゼリーを100%生で常温摂取できるのはマヒカだけらしく、生で摂ることにより美肌にはかかせない抗酸化物質やたんぱく質・アミノ酸、ビタミン、ミネラル等、 豊富な栄養素を熱によって壊されることなく、そのまま食べられちゃいます!

☆「マヒカハニー+生ローヤルゼリー」の特徴☆

(1)1包に生ローヤルゼリー2,000mg配合

(2) 非加熱だから栄養成分そのまま

(3) 常温でokなので保管がらくちん

(4) 持ち運びに便利なスティックタイプ

(5) 抗菌力の高いマヒカハニーをブレンド

(6) 適正価格で続けやすい価格

☆商品のこだわり☆

可愛い円筒のパッケージの中に、食べきりサイズのスティックが30本。(一日一包ずつ) 蜜源・養蜂・鮮度に徹底的にこだわりぬいた高品質の生ローヤルゼリーを使用。

蜜源 標高3000メートルのヒマラヤ山脈が連なる、チベットとモンゴルの境に位置する澄んだ空気と水に囲まれた 「金色の草原」と呼ばれる希少な菜の花畑。

養蜂 蜂さん達にストレスをかけることのない限りなく自然に近い養蜂「自然養蜂」を選んでいます。 鮮度 採取したらすぐに冷凍出来るよう巣箱の近くに保冷庫を設置し、温度管理を徹底しそのまま輸入しています。

ローヤルゼリーは非常に熱に弱く、加熱するとその成分が壊れてしまいますので、 生のままで摂るには冷蔵保存が必須ですが、「マヒカハニー+生ローヤルゼリー」は、 優れた抗菌力を持つ、完全非加熱にこだわった完熟生はちみつ「マヒカハニー」とブレンドする事で、 常温保存可能なスティックタイプにする事に成功! 嬉しい事に独特の酸味があるローヤルゼリーが甘くなりお味もグッと美味しくなりました!

リセが食べてみた

こんなおしゃれな個包装になっているので、食べるのも簡単だし持ち運びしやすいですよね。

私だったらわざとオフィスで食べて同僚に自慢したいかも(笑)

食べるといってもこの商品はゼリー状にはなっていません。

どろっとした液体なので、強く持つと中身が出てきてしまうので要注意!

 

さっそく1本目はそのまま食べてみました・・・

うーん。はちみつのような甘い感じなのかな?と思ったら食べた感じは似ているんだけど苦みがあるというかヘンテコな味。

苦手かも・・・と思ったのですが、1週間食べ続けると不思議となれてきたみたいですっごい美味しいわけではないけど食べれなくはないかなに変わりました。

そして、初めてヨーグルトにかけて食べてみたら・・・なんと美味しい♡

紅茶にも入れてみましたが、そのまま食べるよりも味がまろやかになるというか食べやすくなりました。

忙しいときはそのまま食べて、余裕があるときはヨーグルトもしくは紅茶に入れて食べるようになりました。

リセが感じた効果

■心なしか疲れにくくなった気がする

気のせいかもしれないけど、マヒカハニー+生ローヤルゼリーを飲み始めてから疲れにくくなった気がします。

子供たちが寝てからちょっと家事をすると仕事する体力もなくなり寝てしまうことが多かったけど、マヒカハニー+生ローヤルゼリーを食べ始めてから仕事もできるようになりました。

それだけ?って思うかもしれませんが、これって私にとってはすごいことなんです。

夜にも仕事できるようになったので、売り上げがかなり上がってきましたし♪

■味は美味しくはない

嘘を書きたくないので言いますが、正直そのまま食べると美味しくはありません。

はちみつのような味ではあるけど、まるで違うというか。苦手な人もいるかも。

ただ、ヨーグルトや紅茶に入れると食べやすくなるのでおすすめです。

■プレゼントにぴったり

パッケージを見てわかるようにかなりおしゃれです。

これプレゼントでもらったら、かなりハイセンスな人だなと思います。

もうすぐ親友の誕生日なのでプレゼントしちゃおうかな♪

 

公式サイト:magicaオンラインショップ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る