彼氏・旦那さんへのプレゼントにぴったり♡メンズコスメDOORS(ドアーズ)のボディウォッシュとフェイスウォッシュをプレゼントしてみた

いつも仕事を頑張ってくれている主人にクリスマスプレゼントとしてメンズコスメ DOORSのボディウォッシュとフェイスウォッシュをプレゼントしました。

最初に感想をちょこっと言っちゃうと主人はとっても喜んでいて大満足だそうです。

彼氏や旦那さんへのプレゼントとしてぴったりですよ。

バレンタインとかにあげたら絶対喜ばれると思います♪


メンズコスメDOORS(ドアーズ)のボディウォッシュとフェイスウォッシュってどんな商品なの?

メンズコスメ DOORSは、【洗うを極める、男を極める】をブランドスローガンとしたメンズコスメブランド。

今回私はボディウォッシュとフェイスウォッシュを選んだんですけど、シャンプー、コンディショナーもあるんです♪

南の島の恵み、古代からの天然成分「沖縄海泥 クチャ」が配合されています。

他にも本当にメンズコスメ?と思うほど肌に良い成分がたっぷり配合されているので、気になる方は公式サイトを見てみて下さい!!

ボトルもカッコいいですよね。これ瓶なんですよ。

主人に渡した時「食べ物?」と間違われるほどりっぱなボトル。

アニマルをモチーフとしたグラフィックデザイナー Nowh Ereman(ノウ・エレマン)オリジナルデザインを採用しているのでパッケージもとってもおしゃれ~

あんまりにもおしゃれなデザインなので主人も使う前から喜んでいました。

メンズコスメDOORS(ドアーズ)のボディウォッシュとフェイスウォッシュを使ってみた

今だけなのかな?こんな↑泡立てネット付♪

きっと主人は泡立てネットなんて使わないだろうと思って「泡立てネット使わないよね?ちょうだい!」って言ったら「使うにきまってるじゃん!」と言われてしまいました。

くそ~

瓶の蓋を開けてみました。

ぱっと見一緒。視力が低い人だとどっちがどっちかわからなくなりそうなので注意!

せっかくだからブログで紹介させて♪とお願いしなんと最初に使わせてもらいました。

まずは洗顔の方。

柔らかいテクスチャーかと想像していたんですが、さすがクチャが配合されているだけあって硬めのテクスチャー。

泡立てネットなしで泡立ててみました。

ネットなしでも結構泡立ちますね。そして取る量がちょっと少なかったみたい。

香りが女性物ではないなという感じ。香水をつけているかのようなさっぱりとした香りが広がりました。

旦那さんの体臭に悩んでいる方にはとってもいいかも(笑)

顔を洗ってみたんですが、さっぱりつるつるになりました。

男性はこれくらいでちょうどいいのかもしれないですが、私が使うとさっぱりしすぎている感じ。

主人は「さっぱりしてすっごい良い!」と言ってました。

「ほら!触ってみなよ。」と何度も肌を触らされました。。

確かにいつもよりさっぱりしている感じ。

こっちがボディウォッシュ。

フェイスウォッシュとやっぱり見た目が一緒。

これまた泡立てネットなしで泡立ててみました。

これでも十分でしょう♪

泡立ちはこちらもとってもいいです。

体を洗ってみたんですけど、洗顔同様めちゃくちゃさっぱりとした使用感。

やぱり私が使うと潤いが取れすぎている感じがしました。

が、こちらも主人が使うとさっぱり感が最高らしいです。

仕事後に使うと癒される~とニコニコで話してました。

主人とリセが感じた効果

■プレゼントにとってもおすすめ

ボトルが豪華だし、男性でこれもらって嫌がる人いないんじゃないかな?と思います。

主人もまさかボディウォッシュとフェイスウォッシュをもらえるだなんて想像もしていなかったそうで、こういうプレゼントもありだねって言ってました。

■さっぱりとした使用感が男性には良いみたい

私はさっぱりしすぎかな?と思ったんですが、やっぱり女性と男性で感想が違うみたい。

主人は洗顔もボディウォッシュも「さっぱりするし、肌もきれいになっている気がする」と大絶賛していました。

使って数日は何度も「触ってみなよ」とうざいくらい言われました(笑)

■体臭がきつい彼氏・旦那さんにおすすめ

ちょっとした記念日とかに体臭がきつい彼氏・旦那さんにメンズコスメ DOORSをあげてみてはどうでしょうか。

おしゃれな香りなので体臭も感じなくなるかも?

 

公式サイト:メンズコスメ DOORS



にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る