SK-II フェイシャルトリートメントエッセンスとR.N.A.パワー エアリー ミルキー ローションをレビュー

先日楽天RAXYで届いたSK-IIをついにレビューします♪

こんな機会でもないとSK-IIを使うことなんてできなかったと思うので本当に嬉しい。

また、楽天RAXYでSK-IIが登場したら絶対買う!!

SK-II フェイシャルトリートメントエッセンスを使ってみた

いつもだとここにSK-IIのスキンケアは~なんてこと書くんですけど、もう有名じゃないですか。

だからSK-IIに関する説明は省略させていただきます。

フェイシャルトリートメントエッセンスは、

クリアな素肌へ。90%以上天然成分SK-IIピテラ™でできたエッセンス。

肌荒れを防いで、肌本来の働きを整えるトリートメント効果の高い化粧水。うるおいあふれるクリアな肌へ導きます。ピテラ™:ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

 

SK-IIの中でNo.1の人気商品ですよね。

ずっと使ってみたかった♡

楽天SK-II公式サイトを見ると75mlで9180円もするそう。

さすがに手が出ないな。

 

さて、通常はコットンに付けてパッティングをするようなのですが、なんとちょうどコットンが切れておりまして・・・

今回は手でパッティングしました。

わかりますかね?

全然わかりませんね(笑)

透明でさらさらしたテクスチャー。

よく口コミで唾液みたいな香り・・・なんて表現を見かけるので心配していましたが、私はなんとか耐えられるくらいでした。

これなら毎日使ってもたぶん大丈夫な香り。

で、さっそく顔に付けてみたのですが、バシャバシャ系の化粧水で保湿力があるわけでもないので、物足りない

夜寝る前鏡を見ても変化はなく、うーん。何がいいんだろうと思ったのですが、数日使い続けてわかりました。

肌の透明感が増す!この1点!

でもね。鏡を見ると肌が乾燥しているのかな?と感じるほどつやがなくなってしまった・・・

ただ、透明感はあるという今まで私史上見たことない肌質に変わりつつあります。

これはどうなんでしょう。いいのか悪いのかよくわからない。

SK-II R.N.A.パワー エアリー ミルキー ローションを使ってみた

R.N.A.パワー エアリー ミルキーローションは、数々のアワードを受賞*¹してきたSK-IIのR.N.A.パワーシリーズに、R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ エアリー ミルキー ローションが新登場。軽い質感のミルキーローションが、年齢を重ねても美しい素肌へと導きます。 

複合成分RNアーキテクト*²配合のミルキーローションが、内側から溢れ出すような、うるツヤ肌へと導きます。翌朝にはしなやかで生き生きと輝く肌に。継続して使うことで、若々しいツヤ肌を実感できます。

 

これも最近数々の雑誌にとりあげられてますよね。

気になっていたので、使えてラッキー♪

普通の乳液のように見えます。

顔に付けても乳液。でも、保湿力はそこまでないような。

透明感を引き出してくれるのかな?

香りはフェイシャルトリートメントエッセンスに比べるといい香り。

やっぱりいい値段しますね。

リセが感じた効果

■効果がわかりにくい

今3日連続夜に使っているのですが、効果があるのかないのかわかりにくい。

光に当たるとなんとなく肌の透明感がアップしたかな?と感じることもあるけど、微々たるもの。

もう少し使い続けると効果を感じるのかな?

でも、使い続けて効果がないのであればこれだけ高い化粧水や乳液を買ったのを後悔しそう。

私が使っているスキンケア用品であればフルラインで2万円とかかかるものもあるけど数か月使えるから1カ月換算すれば安い方。

SK-IIにすると化粧水だけで230mlだと2万円とかしますからね。

数か月持つとしてもフルラインで2万円の私にはやっぱり高額。

■香りは思ったより大丈夫だった

香りが臭すぎるという口コミをよく見かけていたので、香りが一番心配でしたがなんとか私は大丈夫でした。

でも、確かに特徴はありますね。

よく考えるとこの臭い香りに香料を付けるということもできたわけで、それをしていないってことは素材そのままってことだと思えば臭くても我慢できませんか。

 

使ってよければコフレを買いたいなと思っていたのですが、結果があまりにも微妙で効果があるような。というか高いスキンケアだしSK-IIだから効果があったよね!と自分に言い聞かせているような気もしていて。

高いスキンケア=自分の肌にあうとは必ずしも言えないんだなというのを目の当たりにしました。

そうだ!

過去に使ってきたスキンケアアイテムでもっと自分に合ったというものは他にあった!しかもSK-IIよりも断然安く!

でもね。アラフォーになったらもう一度使ってみたいな。

そのころには自分の肌にも合っているかもしれないので。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る