POLA(ポーラ)のオーダーメイドスキンケアAPEX(アペックス)を使ってみた。何日で使い切ったのか。使った感想をガチで紹介します。

POLAのトライアルエステを受けた時に無料で肌診断をしてもらったんですけど、肌診断後に私の肌に合ったスキンケア(アペックス)のサンプルがもらえるんです。

これ噂によるとサンプルだけで3000円超らしいです。

そんなサンプルが有料ではなく無料でもらえちゃうんですからポーラさん太っ腹ですね。

ポーラのアペックスってどんな商品なの?

ポーラのアペックスはポーラのお店で頬のメークを落とし、専門教育を受けたカウンセラーが専用ツールで肌情報を採取。
約30分の簡単なチェックです。その肌情報は、ミクロレベルの分析を行います。
糖化やコラーゲンなど、12項目におよぶ今の肌状態と未来のエイジングのしやすさを予測します。

10日後肌の分析結果&サンプルを無料でもらえちゃうんです。

なんと肌分析の結果をもとに、256万通りの中から、あなたの肌のために選びぬいたスキンケアサンプルなんです。

 

口コミサイトなんかを見ると敏感肌やニキビに悩んでいる方がもう手放せない!!という人が多い印象。

なにせ価格が高いので、敏感肌やニキビなど肌に悩みが合って今までどんなスキンケアを使っても改善しなかったような方がアペックスを使って改善→もう手放せない!となるのはわかる気がする。

 

ちなみに私の肌診断の結果は、キメが全くなくコラーゲンが不足しまくっている肌。

今まで美白ケアを中心にケアをしてきたからか潜在シミは少ないという判定でした。

きっと肌診断をしていなかったら今まで通り美白ケアをしていたんだろうな。

でも、今私に必要なケアは保湿だったり栄養を肌に与えるケアらしい。

とはいえ、私は保湿ケアのスキンケアを使うと半分くらいの確率で白ニキビができてしまうタイプ。

そんな私がポーラのアペックスを使って白ニキビができないかとっても不安なのです。。

 ポーラのアペックスを使ってみた

肌診断後にいただいたサンプル番号がこちら。

人によって番号はバラバラ。

なので、私がこれから紹介するテクスチャーなどはあくまで私の番号についてだけ。

番号によってテクスチャーや保湿力などもだいぶ違うみたいです。

1.クレンジング(番号102)

口コミサイトで賛否両論のクレンジング。

油分が凄いだとか、メイクが落ちないとか散々な評価をよく見かけます。

私の102番のクレンジングはゲルのようなテクスチャー。

顔に乗せると伸びがよく、なんだか良さそうな感じ。

ただ、洗い流すと確かに油分と言うかべたつきを感じると言うか。

絶対W洗顔は必要です。

使用量も画像の量では足りず、2回目以降はこの↑1.5倍くらいの量を使ってちょうどよかったです。

メイクもね。全然落ちてない・・・

これはないかなと思ったのですが洗顔を使った後は意外とアリかも?に変わりました。

2.洗顔(番号202)

洗顔。

これはクレンジングと違い口コミサイトでも高評価。

使用量はこれの半分くらいで大丈夫↑。

コスパはめちゃくちゃ良さそう。

泡立てると濃厚な泡!これはすごい。

洗い流すとつるっつる。

クレンジングでメイクを浮き上がらせて洗顔で一気に洗い流すタイプなのかな?と感じた。

そう考えるとクレンジングと洗顔はセットで購入した方がいいのかな?

3.化粧水(番号302)

結構とろみのあるテクスチャー。

でも、肌に乗せると化粧水なんだと実感するくらい水です。

肌がぐんぐん飲んでいるのがわかるというか。やっぱりポーラの化粧水はすごいの一言。

使用量はこの量だとちょっと足りなくて画像の1.5倍の量が私はしっくりきました。

4.乳液(番号402)

サラサラのテクスチャーでものすごい心配だったんですけど、この乳液もとっても重要って思うほどこの乳液付けると肌が潤う。

使用量は画像の1.5倍くらいがやっぱりしっくりきました。

5.クリーム(番号502)

このクリームもクリームとしてはテクスチャーが心配だったんですけど、肌に付けてみて納得。

これはすごいですわ。

クリームなしではアペックスは完了しない。やっぱりスキンケアにクリームって必要なんだと実感させられました。

使用量はこちらも画像の1.5倍くらいが私にはちょうど良かったです。

ポーラのアペックス サンプルは実際何日持ったの?

これ気になりませんか?

アペックスって高いんで実際どのくらいの期間使えるんだろうと使う前私はとっても気になりました。

では、私がアペックスサンプルを使い切ったそれぞれの日数を紹介します。

ちなみにいつも通り朝はプチプラの化粧水、夜にのみアペックスを使用しました。

一応公式サイトには5日分とあるのですが、どうなのでしょうか。

 

1.クレンジング(番号102)

ぴったり5日でなくなりました。

現品は120gサンプルは6gなので私の使用ペースだと現品は100日もちそう。

9720円だけど、100日もつと思うと安いのかも?

 

2.洗顔(番号202)

なんと10日でなくなりました。

現品は120g サンプルは6gなので私の使用ペースだと現品は200日もつみたいです。

これはコスパがめちゃくちゃいいですね。

現品購入も検討するレベルです。

 

3.化粧水(番号302)

実は化粧水が一番早くなくなりました。

なんと4日。ですが、ちょっと今日は使いすぎたかな?という日もあったので、なれてくればサンプルサイズで5日はもちそう。

現品は130ml サンプルは8mlなので私の使用ペースだと現品は65~81日もつみたいです。

現品はプッシュ式のボトルのようなので、81日くらい使えそうな感じかも?

口コミでは半年もつとか書いてあるけど、どう考えてもそんなにもちそうにない。

良くて3ヵ月だな。

現品は10800円なので3カ月使えるとするとそんなに高くもないのかも?

なんかよくわからない(笑)

 

4.乳液(番号402)

乳液は5日もちました。

現品は60ml サンプルは5mlなので私の使用ペースだと現品は60日もつみたいです。

乳液のコスパが一番悪そう。

私使う量が多いのかな。

 

5.クリーム(番号502)

クリームも5日もちました。

現品は30g サンプルは2gなので私の使用ペースだと現品は75日もつみたいです。

クリームは一番高いんですよね。

16200円。

クリームだけ、別のものを使うとかすればいいのかな。

ポーラのアペックスはどこで購入できるの?

ポーラのアペックスはエステを行っている店舗で購入できます。

ただ、肌診断をしてから自分に合ったスキンケアを購入するという流れなので、肌診断した当日にアペックスをもらうことはできませんので注意が必要です。

おそらくエステをしなくても肌診断をして自分にあったスキンケアのサンプルを後日もらえるとは思うのですが、ポーラのエステは最安でトライアルだと3780円で受けられるので「アペックスが気になるので肌診断をしてもらいたい。エステも1回だけ受けてみたい」と言ってみてもいいかも。

おそらくエステ後は「継続でエステもしませんか?」と言われるとは思うんですけど、「アペックスが目当てなので」と言えば最近のポーラさんは勧誘がそこまでひどくないので大丈夫だと思います。

あと、1回肌診断をしたらずっとその番号というわけではなく定期的に肌診断をして今自分に必要なスキンケアはどれなのかをしてもらう必要があるので、ちょっと面倒ではあるけどそれくらいしないと今まさに必要なケアが何なのかわからないのでそこは頑張りましょう(笑)

アペックスのデメリットを考えてみた

■香りがおばあちゃんのスキンケアの香り

香りが信じられないくらい古臭い(笑)

なんだこれ?って最初思った。

これはないわ。ポーラさん。さすがに変えてほしい。

なんだったら無香料でいいくらい。

朝アペックス使って知り合いに香ったら恥ずかしすぎるレベル(笑)

■なんだかんだやっぱり高い

コスパはいいといろんなサイトで見かけるけど、どう考えても洗顔以外は3カ月もてばいいほう。

というか。もたなそう。

そう考えると、やっぱり高いな。

朝はプチプラに抑えるのは必須。

プラスで三か月もたなかったら残りはプチプラを使うなどしないと継続は難しい。

■アペックスを買うのにポーラに行かなくちゃいけない

これは面倒だし、毎回なんだかんだいろんなスキンケアやサプリをおすすめされるだろうからアペックスだけを目的に行くのであればちょっと負担に感じるかも。

で、リセは現品買いするの?

おそらく・・・現品買いします!

それくらい良かった。

心配していた白ニキビはできていないし、肌も潤っているのでもうそれだけで満足。

それに今自分に必要な化粧水はどれなのかアペックス以外にまったくわからなくなってしまったので(笑)

ただね。ラインで購入はちょっと厳しいので化粧水、乳液をまず購入してクレンジング、洗顔、クリームは他社のものを引き続き使う予定。

これで使ってみてサンプル使っていた時よりも効果が薄れたと感じたらマンスリー買っちゃうかも。。

 

公式サイト:POLAのトライアルエステ【3,780円】



にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る