話題のバイオセルロース素材のシートマスク♡エイジングLAVOLTEゲル状シートマスクを使ってみた

バイオセルロースって聞いたことありますか?

最近話題なので聞いたことがある人も多いと思います。

天然の微生物を使い、天然原料を発酵させて開発された植物由来のシート素材のこと。

ナタデココの原料としても利用されていて、肌にも優しいんだとか。

このバイオセルロース素材のシートマスクで口コミサイトでも高評価のエイジングLAVOLTE ゲル状シートマスクを使ってみました。

バイオセルロースのシートマスクって1枚1000円以上するものがほとんどですが、エイジングLAVOLTE ゲル状シートマスクはなんと5枚で3300円(税別)というプチプラ価格。

この値段なら続けられそう。

使用感はどうかな?

エイジングLAVOLTEゲル状シートマスクってどんな商品なの?

エイジングLAVOLTEは、薬剤師がプロデュースする化粧品ブランド。

エイジングLAVOLTE ゲル状シートマスクは、「バイオセルロース」を使用したマスクで肌にしっかり密着し、ぷるるん肌に導きます。

 

■バイオセルロースとは何なのか?

天然原料を発酵させ開発された植物由来のシート素材のこと。

特徴として、肌にぴったり密着し剥がれにくく不織布マスクに比べ 時間が経っても剥がれず、液だれする心配もありません!

 

■更に嬉しい4つの成分配合

1.浸透力×コラーゲン「加水分散コラーゲン」

2.女性の味方「プラセンタエキス」

3.保湿の王様「ヒアルロン酸Na」

4.ヒアルロン酸の2倍の保湿力「ポリクオタニウム-51」

これらの成分を贅沢にゲル状シートに閉じ込めちゃってるんです!!

エイジングLAVOLTEは無添加&天然由来なんですって。

エイジングLAVOLTEゲル状シートマスクの使い方

エイジングLAVOLTE ゲル状シートマスク

を購入するとこんな↑丁寧な使用方法が書かれた紙が入っています。

これなら初めてバイオセルロースのシートマスクを使う方も安心ですよね。

■使用方法

①アルミ袋から取り出し、片方の不織布を外し、顔を覆います。

②両手でシートマスクを抑えながらぴったりと密着させ、もう片方の不織布も外します。

③10分間放置し、その後シートマスクを取り外します。肌に残った美容液は手で充分に馴染ませてください。

エイジングLAVOLTEゲル状シートマスクを使ってみた

開封~

おー。わかりにくいですが、袋の奥にたっぷり美容液が入ってます。

シートマスクを外したら、この美容液を顔に付けようっと。

不織布に包まれています。

これを外すってことね。

わーお。

ゼリーみたいなバイオセルロースのマスク登場!

裏表はないみたいなので、どちらを肌に密着させても大丈夫!!

密着!画像では顎の方がきちんと密着してませんが、写真撮った後マスクを抑えながら付けたらぴったり密着してくれました。

マスクを付けながら、夕飯をテーブルに運んだり家事をしてました。

2歳の次女は最近私がシートマスクをつけるとギャン泣きするんですが、このマスクを付けている私を見てやっぱり泣かれました(笑)

10分経過し、袋に入っていた美容液を付けたら見て↑この透明感!もう感動♡

肌を触ったらもっちりプルプルになってました。

こんなプチプラシートマスクなのにすごい!

リセが感じた効果

■1回の使用で透明感が出た

とにかくびっくりしたのが、シートマスクを外した後の肌の透明感。

たった10分ですよ!?

週に1回くらい使えば、この透明感キープできるかな?

■プチプラ価格だから継続しやすい

バイオセルロースのシートマスクって1000円以上のものばかりで手が出せなかったんですけど、エイジングLAVOLTE ゲル状シートマスクは1枚700円以下!

この金額なら継続できますよね。

■保湿力もばっちり

保湿力もすごくて、シートマスクを外したあとの肌はもっちもち。

すぐにクリームで蓋をしたんですけど、朝起きてさらにびっくり!

毛穴がなくなってました!!!

本当にすごい。

■ゼリーを顔に乗せているみたいで気持ちいい

ぷるっぷるの素材なので肌にのせると不思議な感触があって気持ちいい。

まるでゼリーを薄ーくのばして肌に乗せているみたい。

これは癖になりそう。

■薬剤師さんが作ったスキンケアだから安心

このエイジングLAVOLTE ゲル状シートマスクは薬剤師さんが作ったんです。

なんか薬剤師さんが作ったというだけで安心できますよね。

シートマスクの他にもスキンケア用品を販売しているので美容液とか化粧水も使ってみたいな。

 

公式サイト:ぷるんっと弾むハリ肌へ!贅沢シートマスク



にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る